【#艦これ &一般】深海で再発見されたSamuel B. Robertsに対する海外提督の反応

2022年6月25日にフィリピン海の水深6900メートルの海底で、レイテ沖海戦で沈んだ米駆逐艦「Samuel B. Roberts」が発見されたとの報道がありました。これを受け、艦これ運営Twitterでも見つかったサムにちなんだイラストが公開されました。それを見た海外の提督さんの反応です

海外の提督さん
ジョンストン調査隊にいた人がこの潜水艦にいた。

↑ 海外の提督さん
ふむふむ。昨年、ジョンストン発見についてここに投稿した人なのでしょう。

海外の提督さん
Zeco氏は、魚雷発射管と5インチ砲の砲塔がどのように発見されたか、ちゃんと表現しているね。

(注:facebookのページはログインしないと見れないかもしれません)

↑ 海外の提督さん
これが僕が艦これのデザインで一番好きなところです。このように、さりげなく実際の物事を織り込んでくるところがね。

↑↑ 海外の提督さん
初月の小舟のように、このシリーズのおかげで歴史的なトリビアをたくさん知ることができました。
『ワールドウィッチーズ』シリーズや『ガールズ&パンツァー』にも、このような歴史にちなんだ面白いものがたくさんあります。

海外の提督さん
クジラさんが側にいてくれてよかった…… XD

海外の提督さん
ああああ、すごくいい!?

海外の提督さん
Parks氏(注:潜水調査のアドバイザーの人)は、実は潜水艇にジョンストンとガンビーのフィギュアを持ち込んでいました。
Taffy3は今ガンビーがいないだけだと思います。

翻訳:
サミーBにねんどろいどがないのが残念です、沈没船まで持って行きたかったのですが。
今回の遠征ではフィギュアも持参しました。去年はジョンストンのフィギュアを沈船まで持っていった。残念ながら当初の予定通り、大鳳と翔鶴には潜りませんでした。

↑ 海外の提督さん
ホエルの沈没船もまだ見つかっていないそうですね。

↑↑ 海外の提督さん
ゲーム内でも、ホエルはまだ見つかっていません。

海外の提督さん
Parks Stephenson氏も自身のfacebookでこのイラストを紹介しています。

海外の提督さん
運営がこれを投稿したとき、私はそのツイートを完全に読んでいなかったので、その時点ではこのことにあまり気づきませんでした。ただ、他の場所で議論されているのを見たので、もう一度ツイートを読み返しました。
サミーの残骸が見つかったというニュースを受けて、「ZECO氏と素晴らしい議論をした」と運営は言っています。そしてこのイラストは、その話し合いの中でZECOが描いたものだそうです。
だから…面白い。

↑ 海外の提督さん
ってことは、改二が出るかもしれないのか?

↑ 海外の提督さん
サミーがサマール沖海戦で生き残ったていたら?のif改装か

海外の提督さん
傷ついて海の底に沈んでいる姿は悲しくもあり、また、大丈夫そうで潜水艇に挨拶している姿はほほえましくもあります。

↑ 海外の提督さん
ちょっと寂しかったかもしれないけど、大丈夫、誰かが挨拶しに来てくれるのを待っていたんだと思うと、とても楽しいです。とても健全です。

海外の提督さん
第二次世界大戦の歴史上、最も深い海底に沈んだ船を発見したことを祝福します。この発見は「if改装」を実装するに値する、意義あるものです。

ワールド艦これ管理人
ワールド艦これ管理人

発見できて良かったですね。海外の提督さんはこれを機にサムにも改二が来るのではないかと期待しているようです。

なお、艦これファンでもあるParks氏は遠征隊のリーダーVictor氏にイラストを見せたようです。サムが挨拶している潜水艇は探索に使用した「Limiting Factor」号みたいです。

worldkc

1件のコメント

  1. 相変わらず、リアル艦これ堀りしてるの凄すぎ。
    ともあれ、サムが見つかったのは目出度い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする