【#艦これ】アニメの艤装デザインが微妙に違う

アニメ『艦これ「いつかあの海で」』に登場する艦娘の艤装がゲームや実艦と違っているのでは?と海外の提督さんの間で話題になっていました。

海外の提督さん(スレ主)
アニメでの山城/扶桑のデザインを見てみると、かなり異なる砲塔配置になっていることに気づきました。三連装2基、二連装2基の計4基の砲塔。これは、扶桑型を410mm砲戦艦に改造する改装設計案を強く思い起こさせるものでした。偶然かもしれないけど、それにしても興味をそそられる。
彼らの設計変更には何か意味があるのでしょうか?

海外の提督さん
つまり、このアニメは、第二次世界大戦の完全なフィクションで、「もしも」を描くということなのでしょう。あるいは、細部は違っていても、ほとんど現実の出来事と同じで(少なくとも最終的な彼らの運命は)、前者であれば、私たちは安心して観ることができます。金剛はEDで暗いシルエットで出てくるし、北上はその時すでに沈んでいたと思う(その時まだ金剛も沈んでいなかったようだ)。
うーん、あえて言うなら、瑞鶴と金剛たちの艦隊が作戦で生き残って、深海棲艦への奇襲作戦で主人公たちを助けてくれるというところでしょうか。もしEDが、悲しい結末の悲劇ではなく、良い結末の悲喜劇を期待させるようなものでなかったら、それはそれで素晴らしいことです。
しかし、僕が言っていることはすべて憶測にすぎないですけどね。

↑ 海外の提督さん
その時点では金剛も北上も沈んでいないよ。

↑ 海外の提督さん
確かに今のところ陰鬱な雰囲気はありますが、単に歴史を追うだけならともかく、艤装に実際と異なるレイアウトがあるのは意味深で、ある種の「もしも」のシナリオを指し示しているようにも見えます。

↑↑ 海外の提督さん
艦これの改二改造のほとんどは史実に沿っていない。多くの駆逐艦は、現実には搭載されなかった兵装を持っています。例えば、叢雲改二は、同級には装備されなかった戦時末期の単装砲を装備している。

↑ 海外の提督さん
おそらく、「もしも」に近いと思います。
もう一つのポイントは、足柄・那智が山城と連絡を取り合い、彼らの出発を調整しているように見えることです。彼らは志摩艦隊の一員で、現実には志摩と西村はある種の不一致があり、お互いに話をすることを拒否していたようです。

海外の提督さん
それは改二の艤装をそのまま使っているのではないでしょうか? アニメはまだ見てないので、飛行甲板を持っているのかわかりませんが、砲配置は改二と同じみたいです。

↑ 海外の提督さん
しかし、アニメ版では航空戦艦になっていないのに対し、ゲームの改二は航空戦艦です。いずれにせよ、1944年当時、これらの艦がこのような構成であるはずがないのだから、奇妙なことである。

海外の提督さん
これは明らかに改二の構成…そう、410mm改装案がベースになっている。制服やパゴダの付属品も微妙に変わるはずなんだけど、ごく初期の改二だから、都合良く改変したのだろう。それが重要かどうかはまだわからないが、他にも細かいが明らかに意図的な歴史的差異が、このエピソードにはすでに存在している。

海外の提督さん
艦これアニメの艤装デザインに一貫性がないのは今に始まったことではない

↑ 海外の提督さん
改二の艤装デザインのほとんどが第二次世界大戦中の日本海軍の資料に存在する不明瞭な改装案なのですよ。

海外の提督さん
伊勢と日向はまだ「改」のままだ。しかし、EDに冬月が登場している。おそらく2018年のイベントの再現ではないのだろう

↑ 海外の提督さん
伊勢と日向が改二になっていないのは、おそらく1944年以降に改造されたものだからでしょう。雪風も同じで、台湾に行ってから帰ってきた後の改二が設定されている。

↑↑ 海外の提督さん
エンディングの響はヴェールヌイでもない(隣には暁型標準の帽子がある)。

↑↑ 海外の提督さん
そう、海外のリモデリングはすべてこの時代以降なんです。

ワールド艦これ管理人
ワールド艦これ管理人

歴史をなぞるのか、IFルートに行くのか、はたしてどっちだ

worldkc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする