【#艦これ】艦娘の複数所持がイベントの楽しみを奪っている:海外提督の主張

最近のイベントはゲージやギミックが多く、それに比して出撃制限札も増加傾向にあり、史実特効、タッチなどの要素も加わって、「楽しみ」以前に「負担」が大きくなっているように思えます。それを打ち消すために、有用な艦娘の複数所持がほぼ常識となりつつあるわけですが、海外の提督さんがそういった傾向に物申していました。

海外の提督さん(スレ主)
こんにちは、提督さん。この件は1年以上前から気になっていたのですが、今のイベント(2022夏イベ)が最後の砦となりました。そのことをお伝えしたいと思います。全体的な難易度は変わっていないにもかかわらず、イベントはダブりなしの提督にはますます難しい(そして楽しくない)ものになっています。

自分のことを少し言わせてもらうと、私は2018年7月からほぼ毎日プレイしています。そこから今まで全てのイベントにダブり無し方針で参加しています。だから、この投稿は完全に私の視点、私のゲームでの経験のみをベースにしています。

まず第一に、艦これはRPGのようなファンタジーがテーマではなく、軍事・歴史がテーマのゲームであることを理解しています。そのため、全員がそれぞれユニークな能力を持っているなどということはありえません。各艦の差は、あくまでステータスや特定の装備の搭載能力、装備スロットの数、対空カットインのパターンなどが全てです。他のクラスより劣っている艦は、ずっと弱いままです。この事実を曲げることはできません。それがこの種のゲームの本質です。

しかし、シップロック(注:shiplock=出撃制限札のこと)と史実特効が考慮されると、事態は一変します。そのおかげで、二軍三軍の艦がイベントで光を見ることができるようになりました。当時、二軍三軍の艦船を中心に設計されたマップが常に存在しました。そして、十分な特効があれば、トップレベルの艦を凌駕することさえ可能です。私たちプレイヤーは、より高い難易度をクリアするために、様々な艦船のレベルを上げることを推奨されていました。これは、すべてのキャラクター収集ゲームが目指すべきゴールである「すべてのキャラクターが活躍できるようになる」ことです。複数所持はこのころからありましたが、それはRTA勢や誤った札を付けてしまった人がやることでした。

しかし、現在ではもうそんなことはありません。ダメージキャップの増加、壊れた性能の改二、余剰の勲章、マップデザインの変更など、様々な変化を経て、徐々に複数所持が当たり前になりつつあります。

ダメージキャップ上昇以前は、ボスの装甲は今と同じように350程度で推移していました。高難易度では史実ボーナスが必須でした。ボーナス無しでは強い艦でも敵の装甲を割ることができないからです。例えば、夜戦キャップ300の長波は装甲350のボスを絶対に倒せないが、夜戦火力280と1.3倍のボーナスを持つJervisは倒せる。しかし、新しい夜戦キャップでは、長波は夜戦火力360に達することができますが、Jervisはまだ280で止まっています。この場合、両者は互角となる。しかし、長波はイベント特効艦ではないという利点があり、ボーナスの有無に関係なく活躍できる。ダメージキャップの上昇により、高性能艦とそれ以外の艦の差が激しくなり、ボーナスがあまり重要でなくなってきています。そこに登場したのが矢矧と最上という壊れ改二艦です。これらの艦は同クラスの艦を凌駕するだけでなく、ダメージも大きく上回る。夜戦キャップに到達した艦は自動的にイベントのトップティアとなり、オールドキャップにすら到達しない艦はさらに忘却の彼方へと沈んでいくのです。

また、余剰勲章も、運営が決して修正することのない、壊れたものです。多くの古い装備がパワーアップしたり、新しいプレイヤーが簡単に取得できるようになりました。しかし、勲章の入手はまだ先行者有利です。早く始めれば始めるほど、より多くの勲章を手に入れることができます。高難易度ではより多くの勲章がもらえるので、さらに悪くなっています。これらは通常、甲限定装備によって影を潜めていますが、少ない数がどんどん増えていき、最終的には100個以上の勲章があっても使い道がないという人もいます。強い艦の複製所持は自然な流れになりました。

そして、そうでなければならないものは、そうでなければならない。運営はイベントマップデザインの方向性を変え、複数所持に適応させています。最後にE1対潜マップがあったのはいつですか? 最後に簡単なE1があったのはいつですか? E1<E2<E3<E4<E5<E6<E7という健全な難易度上昇があったのはいつ以来でしょうか? なぜすべてのマップがあなたをめちゃくちゃにしてくるのですか? 答えは明確です。

イベントは、プレイヤーがサブ艦を持っていることを前提に調整されています。
現在のイベント(2022夏イベ)のE1を見てみましょう。甲でボスを出現させるには、JマスでS勝利二回が必要です。そして、このギミック解除には10回以上出撃する必要があり、非常識なほど多くの投資を必要とする対地装備を要求します。しかし、それを簡単に解決する方法があります。長門陸奥のサブ艦を使えばいいのです。できない? くたばれ!

これは運営が経験しなければならないジレンマです。簡単にすると、サブ艦持ちが自動的に勝つだけです。だから、ゲームの難易度を維持するために難しくせざるを得ない。

その結果、ますます複数所持との相性が悪くなってきています。複数所持者は人為的に高いクリア率を作り出し、運営は友軍艦隊を弱体化させることになった。ボーナスやデバフの大きささえも縮小された。イベントは特別な日ではなく、同じ顔触れを何度も何度も使うことになる。多くの艦娘は、ぶっ壊れ改二でも来ない限り、ただ単に忘れ去られた穴に落ちていくだけです。新規プレイヤーや、サブ艦を頑なに拒むプレイヤーにとってはさらに悪いことです。

そして、その嵐はまさに近づいている。大和の複数所持は、ゲームバランスに最後の一撃を加え、運営が何もしなければ、楽しみを完全に台無しにしてしまいます。皮肉なことに、このイベント(2022夏イベ)にはタッチアタックを必要とする札が3枚もあったのです。そして、大和はこの3つの札の全てに対応し、「5-5症候群」に適用できる優れた選択なのです。(注:「5-5症候群」は「5-5が恐くて攻略すらしない」ことだと思われます)

大和改二以前は、5-5をクリアするのに1ヶ月に1~2万の燃料が必要で、そのマップを永遠に避けたいと思うくらいに運に大きく左右されました。大和改二が来てからは、運の悪い月でも1万以上燃料を使うことはなくなり、毎月5-5をクリアするのが楽しくなるほど正気を保てるようになったのです。

今、同じようなことをイベントでも想像してみてください。大和の複数所持は最初はハードルが高く感じますが、長い目で見れば膨大な資源と正気を節約することができます。この時点であきらめるには、あまりにもったいない話です。しかし、もしプレイヤーが大和を悪用すれば、運営は大和を中心としたイベントをデザインするでしょう。そのため、新規プレイヤーのために、豪華な掘りスポットや、より多くの設計図入手手段が用意されるでしょう。そして、より重要なことは、イベントで様々な艦娘を活躍させる楽しみがなくなり、決戦まで温存される日本海軍の最終兵器としての大和のアイデンティティが失われることです。大和の複数所持が必須となれば、このゲームも終わりです。

まとめ

複数所持の未来は、明らかに誰にとっても不利なものです。だけど、私はそれを誰かのせいにしたくはありません。サブ艦持ちは自分の好きなように、自分に最も有利な方法でゲームをプレイしているだけです。また、運営を責めるのも不公平です。誰もこのようなことが起こるとは予期できません。パワークリープは、このジャンルではプレイヤーに先行感を与えるための自然なプロセスですが、艦これはあまりにも長く存在しすぎたため、制御不能な問題になってしまったのでしょう。このゲームには複数所持が必要です。そうでなければ、誰も自分の母港スロットを犠牲にしてまで、イベントでの出撃制限札を試そうとは思わないでしょう。また、多くの人がすでに複数のサブ艦を持っているので、運営は所持数の制限を作ることはできません。新規プレイヤーに勲章を配りまくれば、複数所持が加速されます。ランダムな船に超絶ビッグボーナスを与えるのは意味がありません。

しかし、運営がこの問題に対して何もしないとは思えません。E6での大和ルートペナルティは、大和が他のタッチを無価値にするのを防ぐためにできることの一例です。ただ、それをもっと強く推し進める必要があります。また、大和を強友軍艦隊に入れることも、他のタッチに並ばせる方法です。将来的には、運営がゲームの基本的な仕組みを変えて、サブ艦の必要性をなくすか、少なくともサブ艦がある場合とない場合の差を縮めることができればと思います。

最後に、私の乱文にお付き合いいただきありがとうございました。10年目の節目に向けて、開発者がこのゲームをどのように運営していくのか、一緒に見守っていきましょう。

非常に長い記事でしたが、これに対するレスも多く(しかも長文)、全部を翻訳するのは大変なので要約だけ記します。

ワールド艦これ管理人
ワールド艦これ管理人
  • 札が多いのは大変
  • 前段と後段を段階的に実装するからこういうことが起きる
  • 新規プレイヤーは過去のイベントで配られた強い装備がないから余計に不利
  • 大和をもっと入手しやすくしてくれ
  • タッチ艦をもっと増やせばいいんじゃね?
  • 複数所持は昔からあっただろうが(綾波・夕立・阿武隈とか)
  • サブ艦なくてもクリアできるよ、実際した
  • 欧州イベでは大和等の日本艦じゃなくて海外艦を活躍させたかった
  • 泣き言言っているんじゃないよ
  • 複数所持していれば便利なんだから仕方ない
ワールド艦これ管理人
ワールド艦これ管理人

皆さんはどう思われましたか?

worldkc

6件のフィードバック

  1. いつも楽しく読ませていただいています。
    サブ艦をそろえたくなってしまう要因ですが、
    後段解放までの期間の長期化と海域毎の作業量の多さがサブ艦作成に拍車をかけていると思います。
    自分は後発提督ですが、最近は後段解放前に出撃することが多くなってきているため、サブ艦の必要性を感じますね。
    また、最近はギミックや複数ゲージなど各海域の作業量が多いため大破撤退やボス討ち漏らし等を減らすべく強艦や便利な艦を複数揃えたくなります。
    出来ればいろいろな艦を使いたいのですが余裕がないのが実情ですね。

  2.  興味深い記事を訳して頂いてありがとうございます。私も一筆書かせてください。
     2015年の春イベ直後から提督を続けてます。
    かが問 甲作戦で色々な艦を使う事は可能であると思います。ただし、十分な練度や改修した装備が無い限り、時間と労力がかかる仕様になってきた、と感じます。運営が色々な艦が活躍できるよう調整すべき、というルールはありません。特攻艦などが出てきた頃の一時的なトレンドではあったと思います。
     甲作戦もクリアしたいし色々な艦も活躍させたい、なら相応の努力をしろ、というスタイルに運営が変わってきたのでは無いでしょうか。
     尚、私は甲でサブ艦が無くてメイン艦を使わないと後の攻略に影響が出そうな場合は、乙に落として別の艦で攻略してます。努力する時間も気力も無いので。

  3. 甲27提督です。自分が一つだけ採用してる縛りが「攻略時はサブ艦を使えない。攻略後の海域周回にはサブ艦OK」という縛りです。理由は艦娘の出番をできるだけ増やしたいから。
    今回のイベントを例にあげれば、輸送ステージは大発つめるサブ艦、メイン艦を使うのが正解です。ですがドラム缶の艦娘も使ってました。E6-4攻略時もサブ大和、サブ武蔵が残ってましたが、採用したのはメイン長門、メイン陸奥です。
    最適な選択ではないし非効率ですが、自分は有能無能関係なく艦娘が好きだから今後もこの縛りは続けます。
    あとサブ艦は本来メインに入る経験値が分散するので良い方法とは思ってません。タッチ、制空補助、対地等の固有スキルをもつ艦はメリットがありますが、それでも多くはいらないと思ってます。参考のほどお願い致します

    • なくてもなんとかなる、とあった方が楽は共存するしどうしても基準は後者になる
      イベントや再ドロップの頻度、システムの食い合わせが悪いのもあって結局のところ敷居はかなり高くなってる気がする

  4. このスレ主もそんな感じだけど、無くても支障ないサブ艦まで必要と思い込んでしまって自分で首を絞めてる感じを受ける。
    情報出揃う前に動くときは雑に切れるサブは便利だけど、本当にここでこの艦を切っていいのかおっかなびっくり踏み出すのもまた楽しいものなんだけどね。
    まあ大和タッチに関しては常に最適解足り得るポテンシャルを持ってるから今後の舵取りが難しくなるのはその通りと思う。

  5. 言いたいことはわかる
    今回のイベントは特に札制限がきつかったし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする