【#艦これ】海外提督の考える信濃の性格と外見

海外の提督さんが、艦これでは未実装の空母信濃がどういうキャラになるか予想していました。

海外の提督さん
信濃は姉とは対照的に、「まっすぐな賢者」的な性格になるかもしれません。武蔵の血気盛んさと、大和の静かで物腰の柔らかい淑女的な性格を、冷徹でありながら共感できる、合理的な妹、そんな感じの艦娘です。

外見は既存のしばふ艦のようなデザインで、youkiさんが描いた緑と赤のバージョンに似た感じになるのが良いと思いますが、しずまよしのり氏が描いた唯一の空母がサラトガだけなので、信濃が最終的にどういったパターンの姿になるのかは、ちょっと予想ができません。飛行甲板を模した武器、肩に装着する飛行甲板、あるいはダブル飛行甲板、グラーフやガンビーMkIIのように背中や肩に取り付けられた「ランチャー」みたいな艤装になるかもしれません。

海外の提督さん
信濃はきっとプライドの高い艦娘だ。どれくらいプライドが高いかというと、ドラゴンボールZのベジータみたいと表現してもいいだろう。
もし僕が信濃のデザインをするとしたら、なるべく肌を見せない服装にしたい。戦闘用の服を着ているのに、肌見せ・ヘソ出しは何か違う気がするからね。

海外の提督さん
信濃は大和型が空母になったのですか?

↑ 海外の提督さん
そうです。 あなたがすでに彼女の歴史を読んだかどうかはわかりませんが、大和型戦艦の3番艦として竣工した後、1942年半ばのミッドウェー海戦で6隻の空母のうち4隻を失うという惨状を受け、空母への改装を命じられたのです…。

↑↑ 海外の提督さん
それは確かに興味深い歴史ですね。性能的にいまいちな空母になるのかな。

↑↑↑ 海外の提督さん
大型の割に機体搭載量が少なく、就役直後に魚雷による奇襲攻撃を受けてあっけなく沈没しました。

↑↑↑↑ 海外の提督さん
ああ、なるほど、専用設計の空母のほうがまだ余裕があるということですね。それはつまり、大和・武蔵も簡単に沈められたということですか?

↑↑↑↑↑ 海外の提督さん
それはちょっと違う。いくつか理由があってね。

信濃は、(米潜水艦)アーチャーフィッシュが発見したとき、最終艤装のために回航中でした。また、日本海軍の資源が限られていたため、信濃の船体は姉妹艦よりもかなり薄く作られていました。

戦艦は爆弾と魚雷による攻撃で撃沈されました。武蔵への攻撃は船体全体に均等に分散されていたため、乗組員は傾斜を修正しやすかったようです。 大和の沈没は、米海軍が武蔵との戦闘から学んだこともあり、攻撃は左舷に集中しました。

乗組員の訓練や士気は3隻とも正反対で、武蔵は乗組員のおかげで沈没までかなり持ちこたえました。信濃の乗組員は、海軍の乗組員よりも多くのエンジニアと徴兵された民間人で構成されていました。

↑↑↑↑↑↑ 海外の提督さん
なるほど、スッキリしました。ありがとうございます。

ワールド艦これ管理人
ワールド艦これ管理人

信濃は噂レベルにもなってないのでいつ実装されるか全然予想が出来ません。

worldkc

1件のコメント

  1. 来年で艦これが始まってから10年目の節目なので、信濃かエンタープライズが来るんじゃ無いかなぁと妄想している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする