【#艦これ &一般】『Project REM』

以前「艦これみたいなゲームを作ろう」というプロジェクトを紹介しましたが、だんだん形が出来上がってきているようです。その進捗を簡単に紹介します。
(注意:この記事のほとんどが機械翻訳そのままなので若干意味不明な部分があります)

3D-JRPG風セミオープンワールド戦略ゲーム “Project REM “のリード開発者のFubumaと申します。19人の開発者からなるこの小さな有象無象のグループは、この情熱的なプロジェクトに1ヶ月あまり取り組んできました。特に3DモデラーとUnityのプログラマーです。

私たちのゲームの簡単なあらすじです。

時は1990年(日付は未定)。人類は長く恐ろしい戦争によって絶滅の危機に瀕しています。

5年前の1985年、かつてギリシャの国であった場所に、濃い霧の中から不気味な生物が現れました。「ヴォイド」(名称未定)と名付けられたこの黒い霧は、行く手を阻むものすべてを飲み込んでいった。人類は完全に追いつめられ、ヴォイドは7つの主要大陸のうち5つの大陸をゆっくりと包み込み、太平洋で停止した。生き残った人類は、生き残るために、唯一残された安全な場所である太平洋諸島に逃げ込みました。この広大な海域に守られ、人類はハワイ諸島とその周辺に残存兵力を集結させた。

人手不足で絶望した人類は、ヴォイドの天使たちから救い出した実験的な技術に頼らざるを得なくなった。この技術により、人類は死体を生きた兵器として完全に蘇らせることができた。水上を滑走する奇妙な能力を除けば、これらの兵器は他の人間とほとんど見分けがつかない。

そこで登場するのが主人公だ。若く聡明な軍のリーダーで、唯一の目標はエンジェルを倒し、人類を絶滅の瀬戸際から救い出すことです。

このゲームでは、様々な港や都市のマップが登場し、建物もアップグレードできる予定です。

このゲームは艦隊これくしょんとBeksinskiのアートから大きな影響を受けています。

もし、手伝うことに興味があるなら、あるいはただチャットしたり、ぶらぶらしたいのなら、我々のディスコード https://discord.gg/YJdfZHcpvz に参加することができます。

そこでお会いできるのを楽しみにしています

艦娘は動く死体なの?

ワールド艦これ管理人
ワールド艦これ管理人

またまた、チームからのお知らせです。

順調に進んでいます。私たちは、必要に応じて大きなマップの塊をロードしたりアンロードしたりすることができる、気の利いたテクニックを使うことにしました。これにより、これまでのマップを凌駕するような巨大な世界を作り上げることができるようになりました。

現在、移動、ボイスライン、射撃、装備、ステータス、ボイスライン、敵のデザイン、そしてボイスラインと言ったっけ…といった戦闘メカニックスに取り組んでいます。

キャラクターが戦闘に持ち込める装備品については、厳しいルールを設ける予定です。理想を言えば、プレイヤーは手持ちの情報からどの装備が最も効果的かを判断し、それに合わせて自機を装備する必要があります。過剰な装備で出港すると、戦闘不能になるほどのデバフがかかります。出撃の途中で装備を交換することはできないので、プレイヤーは慎重にロードアウトを検討する必要がある。魚雷を300本持っていってもいいが、砲弾はどうする?4門の単装砲はどんなハエも殺せるが、水上艦はどうだろう?深海棲艦は?

現実の戦争と同じで、物事が計画通りに進むことはほとんどありません。もし窮地に陥ったら、あなたの提督としての腕と才能で切り抜けるしかないのです。運ではなく、腕に頼った艦娘ゲーム、ついに登場。

インベントリ画面のキャラクターモデルは、ダイナミックカメラ、つまり目の前の光景を記録し、動画として吐き出すものだ。現在、フェルプスはただ立っているだけです。しかし、もしアニメーションを実行すれば、インベントリ画面に表示されるのです これによって、当該画面内で動くキャラクターを持つことができるようになるのです

いつものように、ここに私たちのディスコードへのリンクがあります!
https://discord.gg/YJdfZHcpvz


ワールド艦これ管理人
ワールド艦これ管理人

プロジェクトリーダー(?)のFubuma氏は艦これプレイヤーに向けて熱心にアピールしていますが、当の提督さんたちの反応は今一つです。まあ、艦これとは似て非なるものなので当然と言えます。
個人的にはこのゲームが完成したならプレイしてみたいと思っています。

worldkc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする