【#艦これ】ルーティングについて初心者提督の悩みと疑問

初心者と思われる海外の提督さんが何か悩んでいるみたいです

海外の提督さん(スレ主)
ちょっと前に始めて、今司令部レベル43です。これまでのところ順調ですが、しばらくの間私を悩ませていることがあります。それはルーティングです。ゲームが日本語専用であることを考えると、最初はチュートリアルに従うことに抵抗はなかったのですが、今では、Wikiがなかったらベストな編成を本当に見つけることができなかっただろうと感じており、それがゲームを少し台無しにしているように感じます。軽量の艦隊の方がルーティングの自由度が高くなることは理解できますが、ゲーム内の観点からは理にかなっています。ただ、どこかに到達するために水上機母艦が必要であることなどは、完全に恣意的/強制されているように感じます(水母にはルーティング以外の正当な使用例があるのでしょうか?)。軍艦全般に関する知識がまったくないため、それが不足している可能性があることに注意してください。そうは言っても、この件に関して私が見つけた最も詳細なガイド(https://kancolle.fandom.com/wiki/User_blog:Tsubakura/Introduction_to_Branching_Rule_Tables)では、ほとんどの場合ランダム/強制的であり、それを理解する最良の方法は編成のパターンを見つけることであると確認されているようです。正直言って、少しイライラします。どう思いますか? 何かアドバイスはありますか?

海外の提督さん
ルーティングやその他の要素は、ゲームのソーシャル的側面です。プレイヤーはさまざまなことを試し、お互いに発見したことを共有し、最終的にルールを理解します。古い海域はすでに攻略され尽くしていますが、イベントで新しいマップが導入されると、徐々に攻略されていくプロセスを直接見ることができます、それに参加することだってできます。

↑ 海外の提督さん(スレ主)
なるほど、納得です。もう少し段階的/組織化されたものを期待していました。調査のためにコミュニティに集結するのは素晴らしいことだと思いますが、結果があまりにも「生々しい」ものなので、プログラムコードそのものを調査しているようで圧倒されます。分岐ルールの多くはゲーム外で得たような感じがします。

↑ 海外の提督さん
ソーシャルな側面を指摘してくれたのは良いね。このゲームで楽しいは、最高のベテランプレイヤーが他のプレイヤーのために道を切り開く瞬間です。

海外の提督さん
艦これの基本的なルーティングルールの発見は、まさに試行錯誤のプロセスです。過去のイベントでは、編成がメタ戦略を完全に歪め、正解が最後に発見された例があります。歴史的背景や任務の編成制限からヒントを得られることもありますが、それだけです。共有したリンクには、確認できる一般的なチェックもいくつかリストされています。
原始的な体験を維持したい場合は、https://tsunkit.net/nav/をお勧めします。これは、ルーティングデータを収集し、わかりやすい方法で表示するツールです。これを使用して、艦隊編成やそのルートを確認し、パターンを見つけようとすることができます。
そうは言っても、このゲームは多くの情報をプレイヤーから隠す傾向があるため、進行をスピードアップし、巧妙に隠された罠を避けるためには、ウィキ/ガイドの使用が不可欠です。

↑ 海外の提督さん
> そうは言っても、このゲームは多くの情報をプレイヤーから隠す傾向がある
1990年代から2000年代のゲームの世界へようこそ。ゲームでは何も説明されず、自分で解決するか、ガイドに頼る必要があります。

海外の提督さん
水母にはニッチな用途がありますが、一部の艦 (千歳/千代田/瑞穂) は小型潜水艇を使用して開幕雷撃攻撃を行うことができます。また、開幕航空攻撃に爆撃力を追加するために水上爆撃機を搭載することもできます。また、地上施設を攻撃することもできます (通常マップでは4-3で最初に見られ、3-5では強力な空母艦隊が必要なルートで出会える)。そして最も重要なのは、水母は水上戦闘機を装備し、空母を連れて行くとルートから逸れるマップでも航空戦力を艦隊に提供できることです。

あと、2-2では水母がルーティングに大きく関与しているのでは?

↑ 海外の提督さん(スレ主)
ルーティング以外で水母の役割あると分かって嬉しいです。
2-2は、なぜルートが強制されるのか理解できなかった例です。空母を補助するために水母を持ち込む人がいると仮定すると、そもそも空母3隻でなぜ逆の方向に行かなければならないのでしょうか。もう少し段階的/組織化されたものであることを期待していましたが、私たちにはそれがわからないようです。

↑↑ 海外の提督さん
> そもそも空母3隻でなぜ逆の方向に行かなければならないのでしょうか
ボスマスでのオーバーキルを避けるためだが、100%確実に「安く」輸送船狩りができる方法があるのは天の恵みだ。
すべてのマップには「基本ルール」があり、プレイヤーはそれをクリアするためにさまざまな艦隊編成を使うことができる。また、いくつかの海域は歴史的な戦いをベースにしているため、これらの戦いを再現することが奨励されている。
例えば、マップ1-4では、潜水母艦(大鯨、迅鯨、長鯨、平安丸)があれば、ル級がいない道を確保できる。

↑↑ 海外の提督さん
昔オリョールクルージングというものがあった。東オリョール海で、暇なプレイヤーはいつも資源マスに行くためにわざと「航路を外れる」方法を考えてきた。空母3隻でもボーキサイトの収支がトントンになるし、大発キャリアがいれば利益を上げることも可能だった。デイリー任務とウィークリー任務のために補給艦を狩ることもできた。
マップがリメイクされる前は少し違ったやり方があったが、意図的にルートを外れるのは良いことだという理屈は変わらない。

ワールド艦これ管理人
ワールド艦これ管理人

困難な海域でも多くの提督の無数の試みが集まって道が切り開かれるの見るのは爽快ですよね。私が一番印象に残っているのは、2016年春イベで中枢棲姫に「瑞雲特効」見つかったときです。お通夜ムードが一気に晴れ上がって「これはいける!」と盛り上がったのを覚えています(実施のところは瑞雲ではなく「艦爆特効」でしたが)

海軍艦艇史 (3) 航空母艦.水上機母艦.水雷・潜水母艦

worldkc

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

コメントする