【#艦これ】次回イベント情報を見た海外提督の反応

運営ツイートにて次回イベントに関する概要が発表されました。それに対する海外の提督さんたちの反応です。

  • 次のイベントは大きく2つの作戦海域に分かれている
  • 前者は、とある陽炎型駆逐艦が撃沈されたR方面作戦。
  • 後者は、「血戦!異聞坊ノ岬沖海戦!」です。最後の第二艦隊で血路を切り開き、敵戦艦部隊に立ち向かう

海外の提督さん
神の慈悲を祈ろう。運営に慈悲は無いのだから

海外の提督さん
R方面作戦ってなんだろう。ビスマルク作戦というのがあって、これも「R作戦」と呼ばれていました。しかし、それについての情報はあまりありません。ビスマルク海戦とはまた違うようです。

海外の提督さん
天号艦隊の準備しなきゃ(意味:大和、ウォースパイト、ビスマルク、千歳、祥鳳、涼月)
https://safebooru.donmai.us/posts/3519655
あと、最低でも設計図3枚、新型砲熕兵装資材3枚、戦闘詳報1枚

↑ 海外の提督さん
「いつからウォースパイトとビスマルクが天号組になったんだ」と思っていたら、そのいど氏のコミックが目に飛び込んできました。

海外の提督さん
やれやれ、2017年秋冬の再来だ。

海外の提督さん
>血塗られた道を切り開き、敵の戦艦に立ち向かえ。
これはどの戦艦のことを指しているのだろう。史実では高速戦艦部隊がぶつかる可能性が高かったようですが、コロラド級の新妖精は3隻ともその艦隊にいたことから、低速戦艦のほうを指しているのではないでしょうか。

海外の提督さん
最も可能性の高い作戦は、もし大和が天号の時に航空攻撃を突破できたとしたら、というif作戦である。そこでは、第58任務部隊を守る戦艦と対峙していたはずです。これはマサチューセッツ、インディアナ、ニュージャージー、サウスダコタ、ウィスコンシン、ミズーリです。
あるいは、メリーランドとウィービーがコロラドと共に存在していたので、陸上砲撃隊を混乱させることも可能でしょう……。

海外の提督さん
天号作戦の目的は沖縄に辿り着くことであり、それを妨害していたのが第54任務部隊であったことを忘れてはならない。もし、第58任務部隊を狙うつもりなら、「敵の戦艦に立ち向かう」というだけでなく、空母についても言及すると思うんだ。でも、運営はかなり奇抜な発想をするので、どうなることやら。

↑ 海外の提督さん
厳密には、第58任務部隊の戦艦が大和を迎撃することになっていたが、空母指揮官は「そんなことはどうでもいい」と判断したのである。

海外の提督さん
「R」は「早潮」が沈んだ「ラエ」だと思う。なぜかって、単にちょっと前に早潮がいじられていたのを覚えているからです。

↑ 海外の提督さん
それか、時津風が沈んだビスマルク海海戦か。これによると(9ページ目)、ビスマルク海方面はR作戦と呼ばれているようです。
偶然にもラエもそのエリアに入っています。

ワールド艦これ管理人
ワールド艦これ管理人

前段:R作戦、後段:坊ノ岬海戦、といった感じでしょうか

worldkc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする