【#艦これ】艦娘の心理

戦場で勇ましく戦う艦娘たち。その胸の内が気になりませんか?

海外の提督さん(スレ主)
艦娘という概念は誰もが知っていますが、彼女らの胸の内については多くの人が知りません。

例えば、エンタープライズ。彼女は空母です。二番艦です。彼女はオネエさまのように妹たちに接し、自分の命を危険にさらすことも厭わず、積極的に守ろうとします。

さて、話を戻しましょう。第二次世界大戦でワスプが自分の目の前で撃沈された。どうなることか、と思うでしょう。私は精神科の専門家ではありませんが、彼女が同じ状態から抜け出せないと容易に想像できます。

それが何か? 極めて明白です。

彼女の最初の反応は 恐怖と痛みです。そしてすぐに記憶が蘇り、守ると約束したことを思い出す。その約束が破られたことで、ワスプの死の直接の原因は自分にあると、人間の心がそうであるように自分を責め始める。姉妹を失望させたと感じて、彼女は変わってしまった。冷たく、計算高く、それから……?

愛する人を失ったときの自然な反応と言えるでしょう。このことを誰にも心配されたくないと思い、強さを前面に打ち出します。その結果、姉妹からも距離を置かれることになりますが、自分が姉妹たちを失望させたと感じているので気にしません。それは絆を強めるものではありません。むしろ逆効果です。

召喚された後も、彼女は過去の出来事の痕跡をはっきりと残しています。彼女の姉妹はそこにいますが、痛みは残っています。恐怖も。

そうなると、彼女はこれまで以上に妹を守るようになり、妹を逃がすような無謀で愚かな行動を取るようになりますが、これは本心です。

今のところ、私が知っている唯一の治療法は、忠実な友人か家族からの抱擁です。

これはエンタープライズに焦点を当てたものですが、同じことが文字通りすべての艦娘にも当てはまります。

真面目な話です。そして、私はそれに固執しています。

提案はありますか?

海外の提督さん
むむむ、我々はエンタープライズを持っていないんだけど……。
実際にゲームに実装されているキャラで例を示したほうがいいんじゃないかな…。

↑ 海外の提督さん(スレ主)
アズールレーンのエンタープライズを例にしてました(笑)

↑↑ 海外の提督さん
ここは艦これの掲示板なんだから、少しは配慮してくれないか?

↑↑↑ 海外の提督さん(スレ主)
私はまだ始めたばかりなので、エンタープライズが艦これに存在しているかどうかは全く知りませんでした。

海外の提督さん
ううむ、例として挙げる艦娘がゲーム内のセリフで、どのように言っているかを話してみてはいかがかな。

例えば、満潮です。表面的には普通のツンデレだと思われます。入渠時セリフ、彼女の経歴、八駆とのやりとりを見ると、満潮が他人に心を開くことを非常に嫌がっていることがわかります。自分が所属していた駆逐隊の最後のメンバーだったため、他人を失うことを恐れているのです(他のメンバーは彼女がドック入りしている間に次々と沈没していった)。

海外の提督さん
「艦娘」と「KAN-SEN」には、それぞれ基となる性格があり、その娘に何が起こったか、誰と関わったかによって、多かれ少なかれ変化します。これらのゲームでは艦娘の性格を作る方法が異なります。

田中氏は艦これで艦娘の性格を書いていますが、歴史的な言及に重点を置いており、艦娘の歴史や戦闘記録に応じて、性格がより複雑になったり、より単純になったりしています。ファンの反応を取り入れることもあります。(注:赤城の大食い設定などがそれにあたるか)

アズールレーンはより直接的なアプローチをとっています。あっちは、シンプルにするために特徴を少なくし、可能な限りキャラクターを好意的にするために特定の特徴を強調することに重点を置いています。

「艦娘」は「KAN-SEN」と違って好感度がなく、改造によって性格が変わりますが、艦娘を改造していることを考えると納得できます。

艦娘は精神的な問題を抱えていることがあります。例えば、自分の「二隻目」を見てトラウマになったり、次に見つけた父性や恋愛対象に執着しすぎたり、深海棲艦の血が欲しくてたまらなくなったり、中には自殺してしまう娘もいます。たぶんこれが僕の時雨が出撃のたびに大破してしまう理由でしょう。

艦娘の中には、通常の軍艦としての生涯を思い出すものもあれば、何も思い出さなかったり、同盟国のことまで思い出すものもあります。

エンタープライズの件ですが、彼女は艦これにはいません。あなたが言っているのはアズレンのキャラのことです。エンタープライズに最も近いのはホーネットでしょう。提督が対処しなければならない個性的な艦娘の数を考えれば、彼女はかなり精神的に安定しているようです。彼女には “殺し屋”のオーラがあるので、たとえ相手が深海であっても、他人を殺したという罪悪感を他の人に持たせたくないという理由で、常にMVPを獲得しているというケースも考えられます。

海外の提督さん
艦これにはBig Eはいませんが、きっと艦娘の何人かはエンタープライズのような悲劇を経験したはずです。潮、雪風、時雨、そして長門も当てはまります。
日本を離れて丹陽になって再出発したことが、ビーバーの癒しになったのではないかと思ってしまいます。

海外の提督さん
僕には君の言うことがエンタープライズの深海バージョンのように聞こえます。すべての記憶、後悔、恐怖、痛みが彼女を変えているのです。戦争で沈んでいなくても、喪失感や怒りによる負の感情は、スクラップになった時に姫や鬼級の深海棲艦に変えてしまうのに十分だと思います。そして、かつての姉妹や敵対者が協力して彼女を救出しようとし、艦娘に変えた瞬間から、癒しのプロセスが始まるのです。

自分が信頼されていること、前世で自分に撃沈された少女たちも自分を受け入れて友達になろうとしているのを見て、他の少女たちを信頼し、頼ることができるようになるまでには、かなりの時間がかかるだろう。もしかしたら日本に慣れるには時間がかかるかもしれませんが、コタツの力を借りれば問題はないでしょう

海外の提督さん
あなたの説明は他の艦船擬人化ゲームのキャラと卵の殻の上を歩いているようなものなので、他の人が指摘しているように、特定の艦に切り替えましょう。

例としてパースの性格を分析して見ましょう。彼女の言動は非常に穏やかなオーラを放っており、それは艦長であるBowyer-SmithとWallerの性格を反映している。二人ともそれなりに尊敬されていた人物であり、またある程度慎重な人物でもありました。それは、パースの行動指針や、常に戦略会議を必要としていることからもわかります。

しかし、深く考えてみると、パースは大規模な戦闘に参加したことがなく、唯一参加した戦闘では撃沈されているため、出撃するたびに選択に躊躇していることがわかる。彼女の夜戦セリフは、最終的に船を破滅させた魚雷の命中率とも一致している。1つは前部機関室に命中して速度が低下し、2つ目は艦橋の真下に命中した。続いて2本の魚雷が命中し、十分な浸水を引き起こしました。

朝の時報は、当時のオーストラリア海軍の配給品を示しており、それは紅茶(通常はアールグレイで、一般的に信じられているイングリッシュ・ブレックファストではない)付きの標準的なコンチネンタル・ブレックファストだった。一般的には、マーマレードやチャツネを挟んだパン(トーストが多い)とシリアルが入っています。この時間帯には温かい食べ物はなく、この食べ物を食べていたのは将校だけだったと思います。昼食は、ローストビーフなどの温かい料理です。ベジマイトは酵母を使ったスプレッドで、シチューによく合います。そして夕食は、温かいコーヒーと温かいシチューが出てくることもある、いわゆるサパーです。

全体的に見て、パースは穏やかな女の子で、海を愛する同胞をよく反映しています。

海外の提督さん
艦娘によっては、痛みを隠して可愛く振る舞い、仲間や提督と抱き合いたいと思っている者もいるはずだ。

ワールド艦これ管理人
ワールド艦これ管理人

艦娘のセリフをよく聞くと、実艦のエピソードが結構深く掘り下げてあるのがわかりますよね。

worldkc